トラックの導入する際は車両を購入することが一般的ですが、限られた期間で使用したい場合や、導入費用を抑えたい人、忙しい時期だけ台数を増やしたいときにはリースがおすすめです。様々な手続きなどはリースの業者が対応するので、総務や経理の人の作業負担が少なく、車両の整備やメンテナンス付きの契約もあります。料金は毎月の定額制で、自動車税や車検代も含まれており手続きや計上、支払いなどの必要がなく、車両に不具合やトラブルがあった場合や、契約更新時期には車両の入れ替えも可能です。更新時の入れ替えには一定の条件があるので、事前によく確認しておくことが必要となります。

業務上トラックの出番が多いため、購入するとメンテナンス費用がかかってしまったり、年間の走行距離が相場を大きく超えるトラックは消耗が激しくなります。リースの場合は、更新時期に車両を変更することができるので、そのような問題もなくなります。また、リースしているサイズのトラックでは不便だった場合や、今だけ車両を増やしたいときに対応してくれるのもメリットです。契約期間の相場は1年から3年ですが、数か月の短期リースなら忙しい時期だけ車両を増やすことができます。

契約の商談の際には、理想や要望に合う車両を選定し調達してもらえるので安心で、上手に活用すれば仕事の効率化にも役立ちます。中には社名のロゴを入れるサービスを行っている業者もあり、いろいろなオプションもあるので、確認してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です