運送会社や物流会社の中には、仕事で使うトラックを購入することなく、リース契約でレンタルしているところもあります。レンタカーを借りるのと同じように、もちろんトラックもレンタルをすることが可能です。トラックのリース契約とは、事業者が契約をして毎月一定額を払った上でレンタルして利用するものです。一番のメリットはローンがないことであり、ローンがないことから当然のことながら利息もありません。

金銭的な負担は大きく減らすことができるでしょう。一台当たりの月々の料金は数万円から数十万円ほどであり、当然これらの金額を支払わなければなりませんが、購入時に比べると支払う金額は少ないのが現状です。会社でトラックをリースするとなった場合には、その費用をすべて経費に計上することができるため、節税対策にもなります。反対にデメリットに挙げられることは、毎月費用を支払ってもレンタルであるため、最終的に自分のものにはできないことです。

毎月支払うのはあくまでもレンタルの料金なので、払い続けたからといって自分の所有物にはならないのです。トラックは普通乗用車とは異なり100万キロ以上を走ることができ、メンテナンスや整備をしっかりと行えば、それ以上も可能です。そのため長年乗り続けると考えるのであれば、リースの場合には反対に損をこうむる可能性もあります。リースの場合には一度契約をすると契約期間中は解約ができません。

解約をする場合には違約金を支払わなければならないためよく考えてから契約するようにしましょう。トラックのリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です