トラックを導入するときには車両を購入するのが一般的ですが、「期間限定で使用したい」、「導入の費用を抑えたい」、「繁忙期だけ台数を増やしたい」といった希望がある場合の選択肢として活用できるのがトラックの「リース」です。「業務上トラックの出番が多く、購入ではメンテナンス費用がバカにならない」「1年で1~2万kmの相場を大きく超えて走行するので車両の消耗が激しい」という運送会社には安心のサービスとも言えます。トラックのリースは、一番のメリットは「利便性」があげられます。一般的な契約の内容としては、料金は毎月定額制となっています。

自動車税や車検代も料金に含まれていることが多いので別々に手続き/計上/支払いする必要がありません。手続きはリース会社側で対応してもらえるので、自社の総務・経理担当者の方の作業も簡便化が可能です。契約の内容によっては、車両の整備やメンテナンス付きの契約を選択することもできるので安心です。車両に不具合があったときや契約更新時期には車両の入れ替えも可能です。

(更新時の入れ替えには一定の条件がつきます)逆にデメリットとしては、原則契約期間中の解約にはリース料残額の支払い義務があり、実質解約はできないことや、契約期間が満了しても自社の試算にならないといった点には注意が必要です。契約内容のメリットを正確に把握し自社の課題解決になるようトラックのリースを活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です