トラックのリース契約を締結して車両を調達する場合、欲しい車種を決めたらプランを選択します。トラックのリース会社によっては、契約期間中のメンテナンスや契約終了時の車両の取り扱いなどに違いをもたせたプランが複数の種類用意されていることがあります。必要以上の出費にならないように、車両の使用目的や頻度からみて最適なプランを選択しましょう。プランを決めると、トラックのリース会社の担当者が見積もりを出してくれます。

見積書の内容に納得したら申込書が渡されるので、必要事項を記入して提出します。場合によっては、身分証明書や収入証明書類など、いくつかの書類の添付を求められることがあるので、担当者の説明をよく聞いて書類の準備にとりかかりましょう。申込書が受理されれば、トラックのリース会社が審査を行います。ここで行われる審査は、カードローンやクレジットカードの申込時に受ける審査に似ており、申込者の年齢や職業、収入状況などから見て、契約期間が終わるまで料金の払い込みをやりきることができるかどうかが判断されます。

無事に審査を通過することができれば、契約書に記名押印を行います。このときに車両登録手続きに必要な書類の提出も求められるので、予め用意しておきましょう。トラックのリース契約は、契約書の記名押印をもって成立となり、あとは車両がやってくるのを待つだけです。車両が届いたら、契約に違反しないように気をつけて使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です