2019年度から、公務員をはじめ医者・教師・会社員などすべての職種で副業が可能となりました。これは政府による働き方改革法というものが効力を発揮しているからであり、より収入を増やして豊かな生活を送れるように支援をなさったからです。昨今では配送業界が深刻な人手不足となっており、副業でトラック輸送に挑戦なさる方が増加傾向にあります。配送業界では基本、トラックは持ち込みとなっているため副業であっても自身で車両を用意する必要があるというわけです。

新たに車両を購入するにはコストが掛かってしまうので、望ましい行動とはいえないでしょう。この問題を簡単に打開できるのが、トラックリースというサービスを利用することです。2020年12月時点で全国に約9万件のリース会社があり、大型から小型車両を1週間単位でリースすることができます。副業であれば週2回程度の実務時間となるので、購入するよりも借りる方が合理的です。

トラックをリースするメリットは、車検が不要でいつでも新しい車両を利用できるという点です。月額1万円から借りられるプランもあり、この場合はエンジンオイルの無料補給から洗車のも対応してます。中には2年単位の契約をおこなえば、そのまま更新時には追加料金なしで引き渡しを受けることもでき、副業をさらに円滑に進めることも可能です。トラックは走行距離が自然と伸びるので、中古で買うよりもリースをするのがメリットが大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です