自社や自分の宣伝のためにトラックにラッピングを施す人や企業は多いです。町中を歩いていてもよくラッピングが施されたトラックを見かけることがあります。それには様々な意味やメリットがあります。そもそもラッピングとは、車体にカッティングシートを貼り付けて見た目を変える方法の一つです。

車体に直に塗装をするという方法もありますが、一度塗装をしてしまうともとに戻すことはできず、もとに戻したいときはまた新たに塗り直す必要があります。それに比べるとラッピングはもとに戻したいときにはシートを剥がすだけで戻せるので、手間がかかりません。また、塗装をするよりも安く済ませることができるため経済的でもあります。カーラッピングをすることのメリットは、先程あげたもとに戻せる、経済的ということの他にもいくつかあります。

まず、車体を保護することができるということです。車体を覆っているシートが保護フィルムの役割をはたすのでもともとあった塗装や車体をキズから守ることができます。また、トラックは車高が高く大きいのでよく目立ちます。そこで、トラックに施すことで大きな宣伝効果もあります。

更に、塗装と違いすぐに貼り替えることができるのも大きなメリットです。塗装よりも難しくないため、自分で車やトラックに施すこともできますが多くの場合は専門の業者に依頼すると良いです。自分でやるよりも早く、丁寧に仕上がり、なかなか難しい場所にも施工してくれます。その際にかかる費用ですが、専門業者によって施工費用は異なりますが、だいたいパネル1枚で3~5万円ほど、小型乗用車の車体全体をフルラップする場合は単色で10~25万円、グラフィックや文字を入れる場合はだと30~60万円くらいが相場です。

オールペイントの費用に比べると半分程度の費用で車の見た目を変えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です