街中や高速道路、全国を走り回るトラックは物流の要と言えます。物流を必要とする企業は自社トラックを用意し、顧客や消費者のニーズに応え続けています。そんな中、よくよく見て見るとトラックのある特徴に気づくことができます。まず良く目にするのは無地に自社名のみ記載している場合です。

これは工業系の2トン車などに多く見られ、中小企業がモノを運ぶ為にだけ使っていることが明白です。それに対して大手メーカーなどのトラックを見てみるとキレイなロゴや自社商品がラッピングされたものをよく見ます。これはトラックを単なる運搬の道具にするのでは無く、走る広告として活用しているのです。車を運転している時や、信号待ちしている時に鮮やかにラッピングされている車両を見たらついつい見てしまうものです。

企業は自社製品やサービスを広告するのに様々な方法を用います。ラッピングもその一つで立派な広告としての機能を持っています。またこのラッピングによる広告が秀でているのがコストパフォーマンスです。広告と言えばテレビCMなどがありますが、僅かな時間を放映するのにかなりの金額が必要です。

さらに放映する時間帯などによっては、求める消費者層からずれてしまいコストに対する効果が全く無いなんてこともあります。しかしラッピングなら大幅にコストを抑えることができ、モノの運搬と同時に走る広告として役割を持たせることができます。また塗装と違い、フィルムが貼ってあるだけなので簡単に広告内容やデザインを一新することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です