街中で店舗やイベントの宣伝を行うなら、まずは大きな看板を思い浮かべる人は少なくありません。しかし、看板はある特定の場所からしか見ることができないため注意が必要です。もし、宣伝効果を狙いたいのなら看板を何箇所にも設置する必要があります。何個も用意するのは大変ですし、一箇所ごとにスペースのレンタル料も発生してしまいます。

費用を抑えつつ、一つの広告で効果を上げたいなら移動しながら宣伝できるラッピングカーがおすすめでしょう。ラッピングカーは、看板の内容を印刷した特殊なフィルムをバスやトラックなどに貼り付けたものです。本体に直接ペイントするわけではないので、気軽に行えるのが魅力的なところです。宣伝をやめるときは、フィルムを外すだけで元の車に戻せます。

宣伝効果を高めたいのなら、大きな車体のトラックやバスがおすすめです。トラックの場合は、後ろの荷台の部分をラッピングします。トラックなら普段の物流の仕事をしながら、宣伝をしてもらうことも出来てしまいます。ラッピングカーによる宣伝を行う際のポイントは、車がどこを走るのか把握しておくことです。

走ったエリアの人たちに、宣伝を見てもらえるということを意識してください。たった一台でも、移動すれば何箇所にも看板を掲げたのと同じ効果を期待できます。ただし、看板と違って移動するものなので見やすさに注意してデザインすることが大切です。歩いている人や他の運転手が、ぱっと見でも認識できるような宣伝だとさらに効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です