固定された看板と比較すると、あらゆる場所に移動可能なラッピングトラックは注目される割合が高いのです。広範囲に施行が可能なのでデザインの幅も広く、高い広告宣伝効果が期待できます。一般道路を通行するラッピングトラックは、車を運転している人や通行人、車体が大きいので建物の中にいる人でも視認できるでしょう。あの車はなんだろうと無意識で見てしまうのです。

ラッピングトラックは商品や企業をアピールすることのほか、宣伝期間が限られるイベントの告知にも広く活用されています。見た目のデザインだけでなく、音楽やナレーションを流すことで強烈なインパクトを与え、短期間でも高い宣伝効果が得られるのです。渋滞で止まっていたとしても注目を集め、信号で停車しているときは信号待ちしている人も思わず見てしまうのです。ラッピングトラックの宣伝効果は実際の効果がどの程度なのか、実際に見た通行人にアンケートをする訳ではないので不確かな部分もあるといえます。

また運行ルートや運転手の走行マナーが、広告や企業の印象を左右することもありえることがデメリットといえます。フィルムシートを使用するラッピングトラックは、自由自在なデザインやカラーが再現可能なことが魅力です。しかし、塗装よりも価格は高めになってしまうのです。また耐久性も3年程度なので、約10年もつ塗装と比較するとコストの面では割高になるのです。

とはいえ、塗装とは異なり、フィルムを剥がせばいつでも元の状態に戻せることがメリットともいえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です