会社や組織に対してのお歳暮

###Site Name###

お歳暮は、一年間の感謝の気持ちをもって、お世話になった人に対して贈るものですが、かならずしも、個人と個人とのやりとりにとどまるわけではありません。

たとえば、会社のしごとのかかわりで、得意先になっている企業に対して、お歳暮を送付することなどもあるはずです。



この場合は、予算や相手先なども、上司と相談した上で、内部的な決裁をとって準備が進められるはずですので、半分くらいは仕事の一環ととらえてもよいといえます。


ここで注意しなければならないのは、お歳暮とはいっても、さまざまな種類があるため、相手の職場の環境にふさわしいものにする必要があるということです。



デパートやネットショップなどでの売れ筋の商品として、たとえば鍋物の具材や干物、刺し身などの生物があったとしても、それは相手が企業の場合には贈答として適していないことはあきらかです。
個人であれば喜ばれるはずのものでも、相手の職場で開封したり、保存したりすることができないものは、やはり品物の選択としてはふさわしくありません。


洗剤や調味油、コーヒー、茶葉などの、食べ物以外や、食べ物や飲み物であってもいくらでも日持ちがするものにしておいたほうがよいでしょう。



また、組織に対しての贈り物とはいっても、相手先の営業所長や支店長などの宛名をもって届けることはあります。

この場合、氏名を間違ってしまっては、相手に対して失礼なことになりますので、名刺などで十分に確認をすることもたいせつです。