お歳暮にはそれなりの効能があります

###Site Name###

お歳暮の起源を辿れば、日本人としての良き習慣であって、目上の人やお世話になっている人、親戚の本家筋などに対して、年末に感謝の意を表すことを目的として品物をお届けするということであることが分かります。もちろん、目上の人やお世話をした人、本家筋の人は、さらに目を掛けたり面倒を見たりするということに結びつきます。


ところが、今日では、特に企業を中心として、虚礼廃止という名目で、年賀状の交換やお歳暮の贈呈などは廃止するという動きとなり、会社の上司などに贈るということが少なくなっています。

しかし、この習慣には、人間関係とか人と人の結びつきという要素が含まれており、それなりの効能があるので、止めることについては考えなければならないことがあります。


贈られた方は、わざわざとか、そんなことは気持ちだけで、というようなセリフで、遠慮することもありますが、人の気持ちとしては、自分をないがしろにしていないとか、敬っているというように受け止めますから、無条件で嬉しいとか、悪くない感情が残るはずなのです。



そうなれば、何かにつけて、届けてくれた人のことを気に掛けるということになります。
仕事の進め方の面でのアドバイスはもちろんですし、人によっては家族のことまで心配してくれて面倒を見てくれるということになるわけです。



それを期待してお歳暮を届けるというのは、潔しとしない面やいやらしい考えという面もありますが、現実問題として、人の感情が動くことは確かですから、心を込めてお届けすることは忘れない方が賢明ということができるのです。