お歳暮トラブルへの対応方法

###Site Name###

年末にお世話になった相手にギフトを贈るお歳暮は、日本では昔から定着している文化の風習でもあります。

もっともそんなお歳暮も、時代の流れとともにいろいろ変化が生じていますし、いざ贈ろうとして分からないことも多くて悩んでしまうというケースもありますし、それとは逆に受け取る側にとっても、慣れていない場合は戸惑うこともしばしばあります。
そんなお歳暮トラブルのおもな事例として、まずは贈るつもりでギフトを用意したけれど、ついうっかりしてお歳暮期間とされている12月20日を過ぎてしまったなら、その際は熨斗紙の表書きを変更することで対処が可能です。



たとえば新年を迎えて7日までの松の内ならば、御年賀と熨斗紙に記して新年のご挨拶としてギフトを持参することが出来ます。

ただしここで注意しておきたいこととして、相手側が喪中の場合は使用しないようにしましょう。

また12月20日以降で新年を迎える前や、松の内を過ぎて立春あたりまでなら、熨斗紙に寒中御見舞と記せば問題ありません。



そしてギフトの種類についてですが、保存がきかないものや嗜好が分かれるもの、高価すぎるものなどは避けた方が良いですし、インテリアや服飾品などはかさばるケースもあるため、こちらも避けた方が無難です。



しかしながらこういった受け取りがたいものが贈られた場合、相手が持参した場合は丁寧に直接断ることもできますが、宅配便で届いた場合はそうはいきません。
そこで受け取り拒否をしても良いですが、それだと伝票にそのままの言葉が記されてしまうので、それだと失礼になるケースもあるため、カードや手紙などのメッセージを一筆添えてから返送すると良いでしょう。