お歳暮で失敗しないために注意すべき事とは

###Site Name###

お歳暮というのは、1年間、お世話になった人への感謝の気持ちと共に、来年もよろしく、という気持ちを表す事が出来る贈り物です。
そのため律儀な性格な人程、思い付く限り大勢の人に贈りたくなってしまいます。
感謝の気持ちを示す贈り物なので、誰に贈っても迷惑にはならないかと言うと、実はそうではないので、注意しなければなりません。
贈るべき相手として、特に考慮しなければならないのが相手が公務員であるケースです。例えば子供が迷惑を掛けてしまった学校の先生には、お詫びやお礼を兼ねて、ついついお歳暮を贈りたくなってしまいます。
ですが公立学校の先生は、公務員であるため、贈ってしまうと逆に迷惑になるので、注意すべきです。

公務員は、倫理規定により利害関係が生じる相手から金品を受け取る事は禁止されています。

子供の学校の先生となると、利害関係がある相手という事になるので、贈る側が見返りを求めていない場合でも、問題になる可能性が高いです。そのため、最初からお歳暮は贈らない様にする事をおすすめします。


ただし相手が公務員でも、単なる友人や親戚で仕事上の利害関係がない場合は、贈る事は可能です。
お歳暮を贈る際に、注意すべきなのは、何を贈るかだったりします。



基本的にハムやお肉、お酒といった物が無難であり、多くの人が贈る商品です。ただし相手に何を贈って良いか分からず、どうせなら好きな物を手に入れて欲しいと、現金を贈ろうと考える人もいます。

お歳暮の通販を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

基本的にお歳暮で現金を贈るのは、失礼にあたるので避けるべきです。



もっとも習い事の先生等、現金が良いとする人達もいるので、その場合は失礼にはあたらないので贈る事は問題ありません。