お歳暮をもらったときのマナーと断りたいときの方法

###Site Name###

お歳暮はいただく側にもマナーがあります。


受け取ったらお礼を伝えることが礼儀となります。



持参していただいたときには、その場でお礼を伝えることができますが、送付されたきたときには早めに礼状を出します。
親しい間柄の場合には、電話やメールでお礼でも大丈夫ですが、目上の方へのお礼は手書きのお礼状にします。


まずは電話でお礼を伝え、改めてお礼状を出す方法もおすすめです。

贈ってくれたは届いたか、気に入ってもらったか心配になっていますので、お礼をして感想を伝えるようにします。



お世話になっている人への感謝の気持ちを表しているため基本的にはお歳暮のお返しは不要です。また本来は目上の人に贈るものなのでお返しは不要とされていましたが、現在は同僚や友人など自分と同格の方にも贈ることがあります。
お礼を伝えるだけでは済まないときには、同等のものを贈っても差し支えがありません。



お歳暮は1度だけではなくある程度継続して贈ることとなります。その年だけの感謝として贈るときにはお歳暮ではなく御礼として贈った方が無難です。

お付き合いの度合いなどから贈り手が贈ることを止めることになっていますが、受けてでももらう理由がないと心苦しく思っています。

その場合にはお断りの文面を添えてお礼状を出すようにします。

お歳暮が届いても受け取りたくない時にには、受け取れないことが一番です。
手渡しの場合には受け取れない理由を述べてその場で断ります。


送付されてきた場合には配送業者に受領を拒否したり、一旦受け取り開封せずにその上からもう一度包んで受け取れない理由を記載し、手紙を添えて返送する方法などです。

会社のルールや公的職業に務めている人は禁止されていることが多いため、トラブルを防ぐためにも受け取れないことをきちんと伝えることが大切です。