お歳暮で押さえておきたいこと

###Site Name###

お歳暮でまず押さえておきたいことは、時期です、時機を失していてはマナー違反となりますから、前提として抑えておく必要があります。

お歳暮は一年間の感謝をつたえることを目的としていますので、渡す時期は12月上旬から下旬にかけてです。

年末に近づくと相手の方も忙しい可能性がありますから、できれば年末ぎりぎりは避けて、20日ごろまでには届けておきたいところです。正月用品の生鮮食品を贈る場合は、多少遅くなっても良いですが、それでもぎりぎりは避けて、やや余裕を持たせた方が先方の迷惑になりません。

時期に贈れないようにお歳暮を届けるためには、まず贈る相手と何を贈るのかをしっかりと事前に考えておく必要があります。
きちんと考えていないと、贈るべき相手を忘れてしまい、直前に慌てて手配をするということにもなりかねません。



余裕をもって考えておけば、そうなることはないでしょう。



お歳暮の予算ですが、一般的には3000円から5000円、高くても10000円くらいの範囲に収めるのが一般的です。高額なお歳暮は、相手に変に気を使わせてしまうことになります。それは避けた方が無難です。



特に世話になったというならば、それなりに高いものを贈りたいという気持ちもありますが、気を使わせてしまえばよくありませんから、高くても10000円に収めておきたいところです。

これくらいの範囲でも、十分高級な物を贈ることはできますから、それを超えなくても十分感謝は伝えられます。